WPXとXサーバーの機能比較

Xサーバーのサブドメイン作成について

Xサーバーでは、独自ドメインひとつに対して、無制限にサブドメインを作成する事ができます
サブドメインを作成する事で、独自ドメインとは独立したドメインとして
複数のホームページの運営などが可能になります

 

サブドメインの作り方

Xサーバー,サブドメイン

 

管理パネルの「サブドメイン作成」をクリックして「サブドメインの追加」をクリック
作りたいサブドメイン名を入力してサブドメインの追加をクリックで出来上がり

 

作成したサブドメインはサーバーに反映されるまで数時間〜最大で2日ほどかかり
その間はURLにアクセスしても準備中の状態になっていますが

 

FTPソフトでサブドメインのディレクトリにはアクセスできる状態なので
ホームページの作成・アップロードなどはこの状態から可能になります

 

サブドメインが無制限に作れるメリット

 

Xサーバーでは独自ドメインひとつに対しサブドメインを無制限に作れます

 

よくホームページを運営する際に、独自ドメイン1個につきホームページ1個と勘違いしている人や
サブドメインではホームページが作れないと思っている人がいますがそれは大きな間違いです

 

わかりやすい例で言えば、無料ホームページサービスと同じです

 

無料ホームページサービスはサービスが所有する
「独自ドメイン+任意のアカウント」=サブドメインとしてホームページスペースを提供しています
同じように数百、数千人が同じ「独自ドメイン+任意のアカウント」でホームページを作っています

 

サブドメインが無制限に作れるというのは、それと同じ事が個人で可能になるという事です

 

ワードプレスの自動インストール先を選択する際に、この作成したサブドメインを指定することで
独自ドメイン直下ではなく、サブドメインごとに複数のワードプレスを作成できます

 

ただ、ワードプレスに関してサブドメインでブログ運営する用途に限れば・・
やはりWPXのサブドメインブログ作成機能のほうが簡単かもしれません

 

ワードプレスだけでなくホームページも運営したい!というのであればXサーバーですけどね

 

公式ページはこちら↓

関連ページ

WPXのサブドメイン作成について
WPXのサブドメイン作成についての考え方